2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« テート美術館展 光 ― ターナー、印象派から現代へ・・・ウィリアム・ブレイクの幻想 | トップページ | マティス展・・・南仏の光《豪奢、静寂、逸楽》、色彩と線への旅 »

2023年8月 4日 (金)

中野晃一講演会、強者の支配か自由な共存か。【質疑応答】解答篇、上智大学、5月28日、ソフィア文化芸術ネットワーク

Nakano-kouichi-00-0528-2023
Nakano-kouichi-04-2023
Nakano-kouichi-04-0528_20230804030801
解答篇、中野晃一、質問編、大久保正雄

1、問題【世界人口の71%が「独裁に分類される国に住む」。民主制が減少している。独裁国家、富裕層が支配する国。制度は民主政であるが、実態は独裁国家、寡頭制国家である】
1、解答「民主主義が弱体化しているのは、世界的な潮流である。1の質問と2の質問は関係がある。経済学者シュンペーターは、民主主義を量的に比較した。【閉鎖型独裁】【選挙による独裁】【選挙による民主主義】【自由民主主義】の四つの類型は、シュンペーターの分析に基づいている。」
2、問題【代議制民主主義は、真の民主主義といえるのか。国民国家の矛盾がある】
2、解答「経済学者シュンペーターは、民主主義を量的に比較した。(『資本主義・社会主義・民主主義』Capitalism,Socialism,and Democracy1942)。民主主義の質を問うと、現在の民主主義は、本当に民主主義と言えるのか疑われる。フランス、米国、イギリス、日本の民主主義は、自由民主主義ではない。議会制民主主義の手本とされるイギリスの民主主義は、真の民主主義ではない。少数派が多数の票を得ている。米国、民主党バイデン、テロとの戦いの名の下に、軍国主義を謳歌。共和党政権、トランプ政権は、軍国主義、両党とも軍産複合体の支配下にある。
代議制民主主義で選ばれた政府は、特権階級となる。代議制民主主義で選ばれた政府は、特権階級となる。古代アテネの民主主義は、都市国家の民主主義。近代国家=国民国家の民主主義は、政府の権力が強くなり、特権階級化する。
自由主義と民主主義は矛盾する。自由主義は、強者の自由。民衆の自由はない。
民主主義の質が問われる。真の民主主義はどこにあるのか。
3、問題【日本に民主主義が育たない理由は何か】
3、解答「マスコミは、統治機構の一部である、権力者の支配の道具。官僚組織、裁判所は、自民党権力の奴隷である。民衆が成長していない。いまだに、長州が支配する国。幕末の体制が続いている。
4、問題【20世紀の状況と酷似している。ファシズムに抵抗するには、どうすればよいのか】
4、解答「ファシズム国家化しているのは、世界的な潮流である。諦めずに、闘って行きたい。」
5、問題【日本の凋落、日本の劣化】
5、解答「日本は、経済システム、政治システム、教育システム、すべて凋落し始めた。1990年代後半の日本の対応が間違っていた。1990年代後半の日本の対応が間違っていた。」
6、問題【選挙によって政権交代すれば、全体主義を止める。というが、官僚、裁判所、マスコミは自民党に従う。それでも支持する民】
6、解答「鳩山政権、民主党政権は、頂上作戦を取った。民衆の支持を醸成できなかった。市民の力を結集するべきである。幕末の長州、山口県が、悪徳政治を謳歌している。方法は二つある。革命か、政権交代か、政権交代でなければ、革命。革命はできないだろう。
7、会場からの質問に対して。日本では、ヨーロッパのような広場が少ない、カフェのような場所も少ない。東京は喫茶店も減少傾向であり、スターバックスが増えている。広場に集まって、市民が政治的主張を行うことがしにくい。かつての清水谷公園のような場所は減少している。東京は、コミュニティの基本である市民の会合が、制限されている。集会の自由も実現しにくい。
――
★★★
中野晃一講演会「強者の支配か自由な共存か」要旨。

【アテネ民主政は50年、ルネサンスのフィレンツェ共和政は60年。自由な国家は滅びる】独裁政権を支持する衆愚政国家、日本は、どうすれば自由な国家を再建できるか。特権階級、マスコミ、司法が権力の奴隷である。中野晃一先生にご見解を聞きます。大久保正雄
【中野晃一】
1、
私は哲学で学問研究を始めましたが、哲学研究で生きることは容易でないと理解できる程には賢かったので政治学の研究に進みました。政治哲学、比較政治を研究しています。政治の基本はポリスであり「人間はポリス的動物である」(アリストテレス『政治学』) )。共同体で互いに協力して生きることが人間らしく生きること。集団生活は共存すること。人間は政治的、政治的とは汚いということ。共同体に、暴力が出てくる。権力の差が出てくる。「権力は暴力である」(マックス・ウェーバー)。権力はしたくないことをさせることができる力。18世紀、都市国家から国民国家が生まれる。共存から権力へ。国家という暴力装置。教育、学校という暴力装置。「強者の支配で混乱が収まる」。混乱を収集する統治装置として強者の支配がある。個人と個人の間にも、強者の支配か自由な共存か差がある。
2、「社会」「国家」「政治」をキーワードに考える。「政治」、政事と祭事とは「まつる」=奉という「奉仕」「服従」を意味する観念を媒介としてはじめて連結させられている事があきらかになる。政の内容は、国の平定、反逆者の討伐、外征等「上から下へ」の統治という方向性を持っているが、同時にこの「政」の観念は奏上や覆奏を伴うのを通常とし、より上級の統治者を想定しているので「下から上へ」の奉仕という逆の方向性を随伴している。日本人は自分より上にはまつろい下にはまつろわせる。だから日本はアメリカから独立出来ない。
――
★★★
【強者の支配か自由な共存か。スタッフ討論会、星野珈琲にて】5月28日夕方、
薬師寺純平、小野真樹子、坂田修作、稲井邦利、大久保正雄
――
「テーマ設定、質疑応答、問題の根を探究する姿勢がよい」薬師寺純平
「世界一民主的なワイマール憲法からナチスドイツの独裁国家生まれた。古代ギリシア・アテネの民主主義と近代国民国家の代議制民主主義とは根本的に異なる。独裁政権70年は利権階級の独占を構築。高校時代から言っていた」大久保正雄
「オーケストラは、独裁指揮者では破綻する。共存共栄型の指揮者がよい。」薬師寺純平
「皇帝カラヤンは、どうだったのか」大久保正雄「カラヤンは、独裁者になってから、反撥を受けた」薬師寺純平
「フルトヴェングラー「奇跡のベートーヴェン交響曲第9番」ヒトラー演奏会は、どうなっているのか」
「古代アテネ、ルネサンス時代のフィレンツェは、都市国家。都市国家で民主主義は成立する。フランス革命とナポレオン戦争以後、総力戦体制、国家主義が拡大する」大久保正雄
「人間らしく生きるコミュニティは、イタリア、ギリシア、地中海都市の生活様式。イギリス、アングロサクソンは、競争主義、弱肉強食。ゲルマン民族は全体主義。日本人は階級主義、階級社会の奴隷、天皇制大好き、大日本帝国の総力戦の生け贄。食料不足で餓死する軍産複合体」
「いまだに、幕末の長州のテロリズムが続いている、安倍晋三、岸田文雄」坂田修作
「悪の元凶。諸悪の根源は自民党」「【孝明天皇暗殺】〈慶応2年12月25日〉テロ組織長州。薩長テロリストは、第2次長州征伐を計画中の孝明天皇を毒殺した。犯人、岩倉具視、大久保利通。徳川慶喜は賢明な将軍であるため排除に苦慮【徳川慶喜、大政奉還】慶応3(1867)年10月12日、14日、慶喜は大政奉還の上表文を朝廷に提出。薩長テロリストは、悪の元凶。諸悪の根源は自民党」大久保正雄
【利権支配の国、政府の上に利権階級】一部の利権階級、海外援助30兆円、教育費削減、国民負担増大する自民党統一教会、
【mRNAコロナワクチン接種した人は、数年後死ぬ。リュック・モンタニエ】【mRNAコロナワクチン接種した人は、輸血できない。ファイザー、モデルナ等】【コロナワクチン接種】多くの国民の命、国富が失われた。情報が封印されてきた。宮沢孝幸。京都大学医生物学研究所 附属感染症モデル研究センター 准教授。
「【安倍晋三暗殺事件】【安倍死亡診断書2通あり。奈良県立医大、射入口、右前頸部2か所、山上の銃弾当たらず。狙撃手存在。司法解剖は捏造、山上徹也冤罪】202年7月8日、安倍晋三暗殺事件、安倍を奈良に向かわせたのは誰か、狙撃手は誰か、命令したのは誰か、安倍暗殺の目的は何か。孫崎享「安倍暗殺事件の謎」レコンギスタ7月号」大久保正雄
「マイナンバー、保険証廃止に反対する。全体主義国家に反対」
「政権交代は実効性がない。革命には賛成する。だが、革命の資金源はどこに。革命の実行部隊をどう用意できるのか。殺人部隊、豊臣秀吉、明智光秀、武田信玄、勝頼はどう養成するのか」「パリのような市街戦をできるのか」
「それでも抵抗するにはどうすればよいのか」
【夢なき者に成功なし】夢なき者に理想なし。理想なき者に計画なし。計画なき者に実行なし。実行なき者に成功なし。故に夢なき者に成功なし。吉田松陰。1867年1月30日、孝明天皇を毒殺。徳川慶喜最大の後ろ盾。
マイナンバー【健康保険証廃止の目的】健康保険証を廃止したいのは、健康保険制度の廃止が目的。医療産業で儲ける外資の命令。TPP、ISD条項をみよ。盲腸手術1回、120万円。その命令を忠実に実行するのは官僚の役割。だから、国民がどんなに困ろうが官僚達は何ら躊躇する事無く笑って実行している。米国の奴隷。
健康保険証廃止、マイナンバー、預金通帳奪われる
【マイナンバー、預金口座をひもづけ、徴兵制へ】
·2022年10月12日
ナチスに倣ったともいわれる「マイナンバーカード」、全体主義軍事国家への暴走を予想させるが、それ以前に、国民の個人情報を外へ漏らすことが目的のひとつかもしれない。「統一教会」がそれを待っていそうだ。拒否する以外にない。★
#マイナンバーカード義務化を阻止しよう
巖谷國士@papi188920
以前にこう書いたが、健康保険紐付への異常な固執ぶりなどを見ると、マイナンバーカードの目的のひとつが「徴兵制」であることはすでに明らかだ。このカードがあれば悪名高い「徴兵検査」なしですむ。国民ひとりひとりの体力も健康状態も、家族構成も財力も一目瞭然になるので、あとは「赤紙」のみ。
政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す | 毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20200531/k00/00m/040/139000
【保険証廃止、マイナンバー国民背番号制、国民健康保険制度廃止、統一教会
――
中野晃一講演会『強者の支配か自由な共存か』【質疑応答】問題篇、ソフィア文化芸術ネットワーク
http://mediterranean.cocolog-nifty.com/.../post-75634b.html
中野晃一講演会『強者の支配か自由な共存か』【質疑応答】解答篇、ソフィア文化芸術ネットワーク
http://mediterranean.cocolog-nifty.com/blog/2023/08/post-1a73db.html
大久保正雄『旅する哲学者 美への旅』第337回

« テート美術館展 光 ― ターナー、印象派から現代へ・・・ウィリアム・ブレイクの幻想 | トップページ | マティス展・・・南仏の光《豪奢、静寂、逸楽》、色彩と線への旅 »

国際政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« テート美術館展 光 ― ターナー、印象派から現代へ・・・ウィリアム・ブレイクの幻想 | トップページ | マティス展・・・南仏の光《豪奢、静寂、逸楽》、色彩と線への旅 »