フォト
無料ブログはココログ

« ベルギー、奇想の系譜、ザ・ミュージアム・・・怪奇と幻想うごめくフランドル | トップページ | 藝術家と運命との戦い、藝術家と運命の女 »

2017年8月15日 (火)

色香ゆかしき白百合、『相思樹の譜』

Filippo_lippi_madonna_and_child_w_2Filippo_lippivergine_delle_rocce色香ゆかしき白百合、『相思樹の譜』
夏の花に舞う蝶を見ると、ある歌を思い出す。
友よいとしの我友よ、色香ゆかしき白百合の心の花と咲き出でし世に香ぐはしく馨るらむ。
(*「色香ゆかしき白百合、『相思樹の譜』、ひめゆり学徒隊」)
―――
美は真であり、真は美である。これは、地上にて汝の知る一切であり、知るべきすべてである。
黄昏の丘、黄昏の森。美しい魂に、幸運の女神が舞い降りる。美しい守護霊が救う。美しい魂は、輝く天の仕事をなす。
*大久保正雄『旅する哲学者 美への旅』より
大久保正雄『永遠を旅する哲学者 イデアへの旅』
―――
【ひめゆり学徒隊】色香ゆかしき白百合、断崖に散った命
ひめゆり学徒隊は、15歳から19歳の女学生、看護婦として陸軍病院で働き、摩文仁野で集団自決した。
沖縄師範学校女子部・沖縄県立第一高等女学校の女学生、二百四十名のうち、百三十六名が戦死する悲劇の中で、ひめゆり学徒隊は働き続けた。
闇夜に「ふるさと」の歌
波が打ち寄せる絶壁の上で、輪になって座っていた女性とたちはしくしく泣き出した。深夜だった。「もう一回、太陽の下を大手を振って歩いてから死にたいね」。輪の中の1人がそうつぶやくと、まもなくだれからともなく「ふるさと」の歌が始まった。(女学生の集団自決『琉球新報』)
―――
相思樹の樹々わたりゆく風の音 亡友の声かと耳澄まし聞く
学半ば逝きにし学友を 偲びつつ詠みつぎゆかむ相思樹の詩
生きよとも哀しめよとも、相思樹の黄花こぼるる 現し身吾に
上江洲慶子『歌集 相思樹の譜』
―――
★参考文献
1. 上江洲慶子『歌集 相思樹の譜』
★田中章義「歌鏡」『サンデー毎日』2014.7.6号、P55
2. [81 女学生の集団自決(1)]「太陽見て死にたい」琉球新報2010年3月2日
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-158594-storytopic-215.html
3 『歌集 相思樹の譜』 歌に託す亡き友への思い 琉球新報2010年4月11日
https://ryukyushimpo.jp/news/prentry-160635.html
4  生き残れ だが捕虜になるな ひめゆり教師の苦悩 特別展 琉球新報2017年4月19日
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-481403.html
5 大久保正雄「色香ゆかしき白百合、『相思樹の譜』、ひめゆり学徒隊」
https://t.co/3d2IBLmUmu
Filippo Lippi, Madonna and Child with Two Angels,1465
Filippo Lippi, Vergine delle Rocce

« ベルギー、奇想の系譜、ザ・ミュージアム・・・怪奇と幻想うごめくフランドル | トップページ | 藝術家と運命との戦い、藝術家と運命の女 »

詩集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2347669/71430911

この記事へのトラックバック一覧です: 色香ゆかしき白百合、『相思樹の譜』:

« ベルギー、奇想の系譜、ザ・ミュージアム・・・怪奇と幻想うごめくフランドル | トップページ | 藝術家と運命との戦い、藝術家と運命の女 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30