フォト
無料ブログはココログ

« エウリピデス『王女メデイア』 アルゴ号の航海、金毛羊皮を求めて | トップページ | ルネサンス年代記 ミケランジェロ、孤独な魂 »

2016年7月28日 (木)

ルネサンス年代記 レオナルド最後の旅、フランソワ1世

Da_vinci_madonna_with_the_yarnwindeLedaandtheswan大久保正雄「地中海紀行」第64回ルネサンス、ヴァロワ朝
ルネサンス年代記 レオナルド最後の旅、フランソワ1世

星の王子さまが降る夜。群青の空に、精霊が降る。いまは亡き美しい友を思い出す。丘の上の森、迷宮図書館に行く。星降る神殿に女神が舞い降りる。
美は真であり、真は美である。これは、地上にて汝らの知る一切であり、知るべきすべてである。
美しき者よ、汝、死の灰の中から、蘇れ。
生から死が生まれ、死から生が生まれる。宇宙は回帰し、循環する。火は土から生まれ、土は水から生まれる。水は空気から生まれ、空気は火から生まれる。
「火は土の死を生き、空気は火の死を生き、水は空気の死を生き、土は水の死を生きる。ヘラクレイトス断片76」
*大久保正雄『旅する哲学者 美への旅』より

レオナルド最後の旅
レオナルドが生涯、藝術によって探求したものは何か。
レオナルドは、1519年、アンボワーズ城に、三枚の絵画、『聖アンナと聖母子』『モナリザ』『洗礼者ヨハネ』を残す。
その他、三枚の絵画がフランスに残された。『岩窟の聖母』『レダ』『糸巻の聖母』
フランソワ1世は、レオナルドを招き、カトリーヌを王子の嫁にし、ロッソ・フィオレンティーノを呼び、フォンテーヌブロー城に、ルネサンスの様式を残した。
*大久保正雄『旅する哲学者 美への旅』より
*大久保正雄『永遠を旅する哲学者 美のイデアへの旅』

【レオナルド】
Leonardo da vinci (1452—1519)
シモネッタ・ヴェスプッチ,Simonetta Vespucci, 1453—1476。23歳で死す。
ボッティチェリ(Botticelli, 1445年生まれ)レオナルド・ダ・ヴィンチ(1452年生まれ)
1475年La Giostra「馬上槍試合」フィレンツェがナポリ、ミラノと三国同盟を結んだ記念、開催される。1475年の大会で優勝したのが、ロレンツォの弟で「美しき貴公子」と呼ばれたジュリアーノ・ディ・メディチ(シモネッタと同じ1453年生まれ)。騎士が帰依する「美の女王」に選ばれ、勝者ジュリアーノに勝利の冠を授けたシモネッタ。1年後に死す。
1478年、ジュリアーノ死す。
ピエロ・ディ・コジモ「シモネッタ・ヴェスプッチの肖像」1480代 コンデ美術館蔵
レオナルド・ダ・ヴィンチ「シモネッタ・ヴェスプッチ素描」ウフィッツィ、1470-76
Leonardo, Simonetta Vespucci, 1470-76
『受胎告知』Leonardo,Annunziata1472-75
レオナルド・ダ・ヴィンチ。レオナルド20代の作。98×217.5㎝ 板。
フィレンツェ近郊、モンテ・オリヴェト修道院にあった。
天使ガブリエルは『ルカ福音書』による主の言葉 「あなたは男の子を身ごもるでしょう。その子をイエスと名付けなさい」

【フランソワ1世】
François Ier、(1494年9月12日 - 1547年3月31日)
2代前のフランス王シャルル8世が始めたイタリア戦争を継続し、1515年にミラノ公国を占領しスフォルツァ家を追放した。スフォルツァ家に仕えていたレオナルド・ダ・ヴィンチは、1516年フランスへ移り、ルネサンス文化を伝える。
フォンテーヌブロー宮殿(Palais de Fontainebleau)
現在の建築を作ったのはフランソワ1世で、建築家の「ブルターニュのジル」が南門「Porte Dorée(黄金の門)」を含む「Cour Ovale(楕円宮廷)」の建物の殆どを建築した。王は建築家のセバスティアーノ・セルリオとレオナルド・ダ・ヴィンチをもフランスに招いている。フランソワ1世のギャラリーのフレスコはロッソ・フィオレンティーノによるスタッコ(化粧漆喰)で仕上げられ、1522年から1540年に作られ、フランスで最初の大きな装飾ギャラリーとなった。
1516年、フォンテーヌブロー派、始まる。
フランソワ1世の城
アンボワーズ城、ブロワ城、シャンボール城、フォンテーヌブロー宮殿、シュノンソー城。

【イタリア戦争】1494-1559
イタリア支配をめぐる、神聖ローマ皇帝とフランス王の戦い。1494年、フランス王シャルル8世のフィレンツェ侵攻から始まる。

【レオナルド 最後の旅】
イタリア戦争の最中に王位についたフランソワ1世は、イタリア・ルネサンスの美に魅了され、1515年にミラノを占領してスフォルツァ(Sforza)家を追放すると、スフォルツァ家に仕えたレオナルドをフランスに呼び寄せた。
愛弟子のフランチェスコ・メルツィ(Francesco Melzi/1493‐1570)とともにフランスを訪れた。レオナルドは、700エキュの年金を受け取りながらクロ・リュセに暮らし、未完の絵画に手を入れる。
1516年にフランソワ1世に招かれ、3年間暮らす。1519年、アンボワーズ城クルーの館(クロ・リュセ)で死去。
1519年、レオナルド、アンボワーズ城に、3枚の絵画、『聖アンナと聖母子』『モナリザ』『洗礼者ヨハネ』を残す。
その他、フランスに残された絵画。
レオナルド『レダ』17世紀1694年まで、フォンテーヌブロー宮殿所蔵品目録に存在した記録ある。
レオナルド『糸巻きの聖母子』1499以降
レオナルド『岩窟の聖母』1483-1486年 ★フランソワ1世コレクション INV. 777
Leonardo, Virgin of the Rocks, 1483-1486
Leonardo, Leda, 1505-10
Leonardo, Madonna of yarnwinder, 1499

【カトリーヌ・ド・メディシス】
Catherine de Médicis, (1519年4月13日 - 1589年1月5日)
1533年、カトリーヌ・ド・メディシスはアンリ2世と結婚する。
【アンリ2世】
Henri II de France, (1519年 - 1559年)
馬上試合で重傷を負い死す。
【ディアーヌ・ド・ポワチエ】
Diane de Poitiers, (1499年9月3日 - 1566年4月25日)
アンリ2世の愛妾
19歳年下の国王の愛を20年間独占し続けた美女の秘密。絶世の美貌と輝く肌。
1559年、アンリが馬上試合で重傷を負うと、王妃カトリーヌ・ド・メディシスが支配権を握り、カトリーヌは王がディアーヌに贈ったもののリストを作っており、王の死後直ちにディアーヌにその全ての返還を迫った。カトリーヌはディアーヌをシュノンソー城から追放してショーモン城に移した。

【フォンテーヌブロー派】(École de Fontainebleau)
【謎の絵画】『ガブリエル・デストレとその妹』Gabriel d‘Estre 1594
二人の美女が裸でバスタブの中にいる。妹がガブリエルの乳首をつまむ。ガブリエル・デストレが指輪をつまむ。結婚を待ち望む乙女心。
アンリ4世は、妻のマルゴがいたにもかかわらず、ガブリエル・デストレに一目惚れ。
ガブリエル・デストレは結婚の3日前に、4人目の子供を身ごもりながら謎の死を遂げる。
アンリ4世はフランス国内のカトリックとプロテスタントの宗教戦争の対立を終結させた。その陰の立役者がガブリエル。アンリ4世は、ガブリエルとの間に3人の子供を授かった。
【ヴァロワ朝】dynastie des Valois 1328年から1589年まで
カトリーヌ・ド・メディシス、ヴァロワ朝を滅亡させる。
―――
レオナルド・ダ・ヴィンチ『糸巻きの聖母』・・・レオナルド最後の旅
http://mediterranean.cocolog-nifty.com/blog/2016/04/post-d5c9.html
レオナルド派『レダ』・・・絶世の美女
http://mediterranean.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-4497.html
メディチ家とプラトンアカデミー 黄昏のフィレンツェ
https://t.co/QQtspVQ4FD
ルネサンスの奇人変人、メディチ家 コジモとロレンツォ
https://t.co/1ycQTUMP05
ルネサンスの奇人変人、フィリッポ・リッピ、カトリーヌ・ド・メディシス
https://t.co/5Szv6nxGVY
メディチ家年代記 メディチ家礼拝堂の幽明境
https://t.co/jfr10GQn6W
―――
★Leonardo, Madonna of yarnwinder, 1499
★Leonardo, Isleworth Monalisa, 1504
★Leonardo, Leda, 1505-10

★参考文献
ヴァザーリ『藝術家列伝』
アンドレ・シャステル『イタリア・ルネサンスの大工房』人類の美術、新潮社
アレッサンドロ・ヴェッツォシ『レオナルド・ダ・ヴィンチ』知の再発見双書
ケネス・クラーク『レオナルド・ダ・ヴィンチ』
ケネス・クラーク『芸術と文明』
池上英洋『レオナルド・ダ・ヴィンチ』小学館
大久保正雄Copyright2016年7月27日

« エウリピデス『王女メデイア』 アルゴ号の航海、金毛羊皮を求めて | トップページ | ルネサンス年代記 ミケランジェロ、孤独な魂 »

ルネサンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2347669/66716813

この記事へのトラックバック一覧です: ルネサンス年代記 レオナルド最後の旅、フランソワ1世:

« エウリピデス『王女メデイア』 アルゴ号の航海、金毛羊皮を求めて | トップページ | ルネサンス年代記 ミケランジェロ、孤独な魂 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31