フォト
無料ブログはココログ

« イスタンブール 時を超える旅 3つの帝国の都 | トップページ | 黄昏の旅人、黄昏のギリシア エーゲ海の飛行 »

2016年6月15日 (水)

神々の黄昏 皇帝テオドシウス、ユスティニアヌス ローマ帝国滅亡

Forum_romanum_00Arch_of_constantine_01大久保正雄『地中海紀行』第21回2
神々の黄昏 皇帝テオドシウス、ユスティニアヌス ローマ帝国滅亡

ローマ帝国は、皇帝アウグストゥスから、皇帝ロムルス・アウグストゥルスまで80人。
476年、西ローマ帝国滅亡。1453年、東ローマ帝国滅亡。

神々の黄昏
テオドシウス1世、392年異教祭儀を禁止。
529年、皇帝ユスティニアヌス1世、アテナイのアカデメイア閉鎖を命令。

テオドシウス1世は、395年死ぬ前に、帝國を二つに分割。2人の息子に継がせた。自らの息子、互いに反目しあう二つの宮廷に殘した。アルカディウスとホノリウス。ローマ帝國は東西に分裂した。

コンスタンティノポリスを帝都とする東ローマ帝國を統治したのはアルカディウス帝(在位395-408)である。その子テオドシウス2世はコンスタンティヌスの城壁の外側に城壁「テオドシウスの城壁」を築き、ビュザンティオンは、難攻不落の城塞都市へと変貌を遂げる。
コンスタンティノポリスは、ローマ帝國分裂後、ビザンティン帝國の帝都、地中海世界の中心として榮える。

皇帝テオドシウス 神々の黄昏
■【テオドシウス1世】『地中海人列伝』12
テオドシウス1世(346*-395.ローマ皇帝379-395)は、スペインで生まれ、軍人として活躍する。378年ヴァレンス帝が死ぬと、グラティアヌス帝(在位375-383)に召還され379年1月19日帝の要請により東方正帝(Augustus)に就く。辺境のゴート族討伐を試みるが失敗、382年10月協定を結ぶ。グラティアヌス帝が殺害された後、反亂した親族マクシムスを殺し、394年エウゲニウスを殺害、帝國を再統一する。東方皇帝につくや否や正統派キリスト教の洗礼を受け、キリスト教を國教とし、異教を彈圧する。381年コンスタンティノポリスで公会議を召集、ニカイア信条に基づき三位一体論を確認する。390年テオドシウスは、ギリシア・マケドニア地方、テッサロニケの反亂を圧殺、市民7000人の虐殺を命じる。これを責められ、大司教アンブロシウスに破門される。391年メディオラヌム(ミラノ)でアンブロシウスに示唆され、392年異教祭儀を禁止する。395年1月17日メディオラヌムで死ぬ。正統キリスト教信仰の信者であり、少数派及び異教を迫害したがゆえに大帝と呼ばれる。
テオドシウスは、死ぬ前に、帝國を二つに分割し、自らの息子、互いに反目しあう二つの宮廷に殘された。アルカディウス(395-408)とホノリウス(395-423)である。永遠に、ローマ帝國は分裂した。

【テオドシウスのオベリスク】
今、イスタンブール、ヒッポドローム広場にはテオドシウスのオベリスクがある。390年テオドシウスはコンスタンティノポリスにトトメス3世のオベリスクを運ばせ、ヒッポドローム(競馬場)に建てさせた。このオベリスクは、コンスタンティヌス1世が、アレクサンドリアに運ばせ、ユリアヌス帝(331-363在位360-363)が船に乘せて出航したが、地中海において嵐に遭い、アテナイ近郊に漂流し、此処に放置したものである。
このオベリスクは、エジプト新王國第18王朝第5代、トトメス3世(BC.1504-1450)が、カルナックのアメン神殿正面塔門、聖なる通路に一對、建立したものである。オベリスクは、古代エジプト、ヘリオポリスの太陽神崇拝の象徴である。

【神々の滅亡】テオドシウス1世
392年テオドシウス1世は、異教禁止令を発布、異教の供犠と祭式を彈圧する。426年テオドシウス2世(401-450.在位408-450)は、異教神殿破壊令を発布する。これ以後、偉大な古代ギリシアの聖域は、破壊され砂塵の中に埋もれ、19世紀まで1500年の眠りを眠ることになる。
例えば、394年オリュンピア祭典は禁止され393年の祭典が最後となり、デルポイの神託は4世紀以後行なわれなくなる。古代ギリシアの密儀、デイオニュソス、エレウシス、オルフェウスの秘儀がこの地上から姿を消し、再び蘇ることはなかった。

■皇帝ユスティニアヌス1世、アテナイのアカデメイア閉鎖
529年、皇帝ユスティニアヌス1世(483-565)は、アテナイのアカデメイア閉鎖を命令。プラトンがBC387年に開いて以來、アカデメイア9百年の歴史が息の根を止められる。
かつて4世紀までローマ帝國の下で迫害されたキリスト教は、4世紀以後、異教を彈圧、迫害する。キリスト教による迫害によって、多彩なギリシア文化やオリエントの宗教が歴史の舞臺から姿を消す。偉大なギリシアの文化遺産とギリシアの生ける知の体系が滅ぼされたことは、人類史にとって悲劇であると言わねばならない。
大久保正雄COPYRIGHT2001.11.28
★Folum Romanum
★Triumphal arch of Constantine

« イスタンブール 時を超える旅 3つの帝国の都 | トップページ | 黄昏の旅人、黄昏のギリシア エーゲ海の飛行 »

ローマ帝国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2347669/66030327

この記事へのトラックバック一覧です: 神々の黄昏 皇帝テオドシウス、ユスティニアヌス ローマ帝国滅亡:

« イスタンブール 時を超える旅 3つの帝国の都 | トップページ | 黄昏の旅人、黄昏のギリシア エーゲ海の飛行 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31